大卒程度公務員試験対策

大卒程度公務員試験対策

スポンサードリンク

大卒公務員になるには予備校・スクール

大学と公務員予備校をダブルスクールとして通い一発合格を狙う大学生が昔に比べて増えてきているようです。

 

学校で習う授業では難関と呼ばれる公務員試験に対応するのは難しいと感じる学生は多く、TAC、東京アカデミー、ヒューマンアカデミーなどの予備校が積極的に利用されているようです。

 

大卒公務員になるために予備校を必須!?

 

地方上級・国家総合職・一般職は超難関試験と呼ばれています。特に国家総合職は司法試験と同レベルの国家試験として毎年合格人数など試験状況が注目されています。

 

一般的に地方上級・国家一般職は官僚候補の総合職試験に比べて難易度が一気に低くなり、それほど難しくないと考えられていることもあるようです。

 

しかし、はっきり言って、地方上級・国家一般職試験の難易度は高いです。地方上級で言えば特に都道府県庁の採用試験は難易度は高く、地元国立大学が数年単位でしっかり試験対策して合格できるレベルです。

 

特に東京都職員は他の自治体に比べて権限が大きいことや派手な仕事が多いことから、東京大学出身者も多く受験してきます。

 

大卒程度の国家一般職については国立大学出身者はそれほど多くないモノの、早稲田・慶応など名門私立大学生の受験が目立ちます。

 

いずれにしても、半端な覚悟で合格できるほど甘い試験ではないということです。

 

独学で合格は不可能?と言われれば、合格は可能ですが、効率性を考えるとはるかに公務員予備校(通信講座)に通う方がメリットがあります。

 

面接対策(集団・グループディスカッションに対応している予備校もあります)、論文添削など独学では得られないノウハウ・情報を獲得できるのも予備校に通うメリットですね。

 

逆に独学のメリットは費用以外はほとんどなく、デメリットの方が多いのが現状です。将来の大切な就職先を決める試験ですので、全力を尽くして臨むことをおすすめします。

 

公務員試験予備校

スポンサードリンク

ホーム RSS購読 サイトマップ