公務員予備校の選び方は?

公務員予備校の選ぶコツは?

スポンサードリンク

公務員スクール・予備校を選ぶポイント

公務員試験の合否に重要になってくる公務員予備校を選ぶコツやヒントを紹介していきます。

 

現在、公務員試験対策として主流になっているのが予備校ですが、選び方を間違えると合否を揺るがす可能性は十分に考えられます。

 

それだけに公務員試験対策の予備校選びは肝心ですので、慎重に選ばなければいけません。ここでは公務員試験予備校選びに失敗しないためのポイントを解説します。

 

受験する試験の専門コースが設置されているか?

 

多くの予備校では大卒では地方上級コース、地方初級コースなど大まかな講座内容になっています。

 

例えば地方上級の中には行政職の他に学校事務、警察事務などがあります。さらには自治体も東京都、千葉県、神奈川県、大阪府、愛知県、沖縄県など様々です。

 

しかし、これは特に問題ありません。基本的に公務員は試験内容が重なるので、同じ学歴区分であれば十分対応できるのです。

 

東京アカデミー・大栄教育システムなど公務員試験に力を入れている予備校では、北海道警察官対策の専門コースが設置されているなど、ピンポイントで対策をすることができる講座が多数存在します。

 

大まかなコースで対応できますが、第一志望が決まっているのであれば専門のコースの方が効率的に学ぶことができるメリットがあります。

 

通学講座を受講する場合は遠くて30分圏内

 

自宅から予備校まで片道30分以上掛かってしまうようであれば、通信講座を受講することをおすすめします。

 

通学に時間をかけるほど無駄はありません。毎日のように通っていれば、相当な時間を捨てることになりますし、疲れます。

 

実際に通学教室を選択して続かなかったと言う方は結構います。その大半は家から遠い予備校を選んでしまったことが原因です。

 

通学講座を利用するのであれば、できる近い通いやすい学校がおすすめです。

スポンサードリンク

ホーム RSS購読 サイトマップ